プレゼン用のフリーソフトとしてまず紹介するのは、画面の拡大ソフト「ZoomIt」。Webサイトやグラフなど文字が小さいと、見せられる側からすると見づらい場合がある。このソフトを使えば、画面を簡単に拡大して表示したり、赤いマーカーで書き込んだりすることが可能だ。

●画面拡大ソフト「ZoomIt」
 
・ダウンロード先:http://technet.microsoft.com/
・著作権者:Mark Russinovich

小さい文字などを拡大して表示


 ZoomItは、プレゼン用ユーティリティとして用意しておくと役立つソフトだ。このソフトが持つ機能は、次の3つ。

  • 画面の拡大
  • 画面への書き込み
  • タイマー

 これらの機能を順番に見ていこう。まずは使う前の準備だ。ZoomItはインストールは必要なく、ダウンロードしたら解凍し、ファイルをクリックすればタスクバーに常駐する。

 アイコンを確認したら、後は操作するだけだ。まず、画面の拡大だが、マウスのポインターを拡大させたい個所に置き、「Ctrl+1」を押すと、ポインターの個所を中心に拡大表示する。マウスを上下左右に動かすことで、画面の任意の場所を表示できる。元の画面表示に戻すには、「Esc」ボタンを押せばよい。
 また画面の拡大表示時に、マウスの左ボタンを押すと、ポインターが赤点に変わり画面に線を書き込める。

[画像のクリックで拡大表示]

     拡大したい個所にマウスを置き、「Ctrl+1」を押すと・・・

[画像のクリックで拡大表示]

     その個所を中心に拡大して表示する。さらにマウスの左ボタンをクリックすると赤い線をそのまま書き込める

[画像のクリックで拡大表示]

     赤い文字は一時的に書き込まれるだけで、「Esc」ボタンを押せば、すべて消える


この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら