7~10型の液晶を搭載した、ミニノートと呼ばれる分野が急激に盛り上がりを見せている。人気の理由はその安さ。一般のパソコンと同様にWindowsのフル機能が使えるのに、わずか5万円から購入できるのだ。市場をリードしてきた台湾メーカーに続き、この夏には米国や日本のメーカーも製品を投入、さらに注目が集まりそうだ。そんなミニノートの最新動向を一挙に紹介する。併せて実機の内部構造を検証し、安さの秘密を探っていこう。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら