「CLCL」(クルクル)

「クリップボード」に保管されるアイテムは「ひとつだけ」というのが、気に入らない

 メールや文章を書いたり、Webページで調べものをしたり、ファイルの整理をするときなど、PCでの作業に「コピペ」(コピー&ペースト、カット&ペースト)作業は欠かせない。PCを使っていて「コピペ」を知らないのは「モグリ」と思えるほど、「コピペ」は非常によく使う作業だ。

 ところで、この「コピペ」、クリップボードと呼ばれる仮想のエリアにコピーしたいものを一時保管して、貼り付ける(ペーストする)という仕組み。で、周知のとおり。クリップボードに保管されるアイテムはひとつだけ。

 筆者はクリップボードに保管されるデータがひとつだけ、というのが気に入らない。たとえばテキストをペーストしようとしたところ、意図するアイテムがクリップボードに入っていなかったり、はたまたほかのアイテムを新たにクリップボードに入れたいたことを忘れていたりで、意図通りのものが「コピペ」できなかったりすることも多い。その上、クリップボードは、今何が保管されているかすぐにわからないのも、なんだか歯がゆい(「ファイル名を指定して実行」で「clipbrd」と入力して「OK」を押せば何が保管されているか表示はされるが…)。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら