CrossOver Macは不思議なソフトだ。Macの中で手持ちのWindows用アプリケーションがそのまま動く。それも、VistaやXPなどのWindowsライセンスを購入しなくてもWindowsアプリが利用できるのだ。どんなアプリでもOKとはいかないものの、主要なアプリケーションは簡単に動かせる。

CrossOver Mac 6.2
8_spx123.jpg
8_spx123.jpg

インストールが簡単、アプリ登録後はダブルクリックで起動

 Mac上でWindowsアプリケーションを動かす「もう一つ別の方法」は、Windowsの振る舞いを完全に真似て(エミュレーションという)、OSの存在を不要にしてしまうソリューションだ。「CrossOver Mac」がそれで、Windowsと同じ振る舞いをする環境を、全く独自に作り上げているため、Windowsのライセンスを購入する必要がないのが最大のメリットだ。動作速度は他の製品と比べて遅く、Windows専用のハードウエアを使うような場合には互換性が低いという面もある。Mac OSで使えないハードウエアは使えない。また、Windows上で認証が必要な、アプリケーションも使えない。

Windows実行環境のライセンス
  Windows実行環境   Windowsライセンス  
  Boot Camp、Parallels Desktop、Fusion  
必要

 

  CrossOver Mac  
不要
 
CDまたはファイルからインストール可能
2_spx448.jpg
2_spx448.jpg
「CrossOver Mac」のインストールは一瞬
3_px400.jpg
3_px400.jpg

 開発元のネットジャパン(http://www.netjapan.co.jp/)には、すべての機能が30日間使える試用版もある。必要な機能がそろっているかどうかを確認して購入検討ができる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら