今回は、Macの世界ならではの“作法”を指南しよう。Windowsの常識が通用する場面もあれば、通用しない場面もある。Windowsときちんと付き合うための処世術も必要だ。

 以前の記事では、なぜ今Macintosh(以下、Mac)が注目されるのか、その理由を詳しく紹介した。では仮に、WindowsユーザーがMacを導入したとして、使い始めの段階でつまずくことはないのか。後編である本特集では、その疑問に答えていきたい。この知識は、Macを使わないWindowsユーザーにも役立つ。

 さて、結論を言ってしまうと、Macを使い始めてすぐにつまずくという心配はない。Windowsパソコンと共通する部分もあるので、ある程度は類推して使えるはずだ。

 とはいえ、1日も早くMacに慣れるには、Mac独特の“作法”を最初の段階で覚えてしまうのが近道。例えば、キーボードやマウスの操作方法、ファイルの扱い、OSの各種機能を設定する方法は、Windowsとの作法の違いをきちんと理解しておけば、混乱せずにすむ。

 最も重要なのは、Windowsパソコンとファイルを交換する際の作法だろう。これを知らないまま使うと、問題を引き起こしてしまうことがある。Macユーザーとファイル交換をする機会のあるWindowsユーザーにとっても、ファイル交換の作法を知っておくことは有益だ。

 本特集では、最初にMacを使い始めるまでを誌上体験していただき、その中で必要最低限の作法を紹介していく。続けて、Windowsとファイルを交換するときの作法について、テーマ別に紹介する。最後に、Mac上でWindows環境を再現する究極の共存テクニックを見ていこう。

コマンドキーを覚える

 ではまず、初歩の作法から。届いたばかりのノート型「MacBook」を箱から取り出し、中身をすべて並べてみる(図1)。入っていたのはMac本体にACアダプター、電源コード、リモコン、インストール用DVDと簡易マニュアル。たったこれだけ。大量のマニュアルがぎっしり箱に詰められたWindowsパソコンを見慣れていると、拍子抜けするほど素っ気ない。

【手元に届いた「MacBook」。箱の中に入っていたのは……】
1_px400.jpg
1_px400.jpg

 使い始めるにあたって、本体以外に必須なのは、ACアダプターだけなので、ほかは箱にしまっておこう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら