日本マイクロソフトは2014年3月3日、Windows XP搭載パソコンから、Windows 8.1とOffice 2013搭載パソコンに買い換えたユーザー向けのサポート施策を発表した。4月9日にWindows XPの延長サポートが終了する前に、Windows 8.1パソコンへの移行をうながす。

 この支援策の対象となるのは、現在Windows XP搭載パソコンを使用中で、2014年3月3日から5月18日までの期間にWindows 8.1およびOffice 2013を購入した人。電話サポートを受けるには、Office 2013のプロダクトキーが必要となる。

 同社は、サポート期間中に専用Webサイトと専用電話窓口を開設。Windows XPパソコンからWindows 8.1とOffice 2013搭載パソコンへのデータ移行方法、および新しいOSやOfficeの基本的な使い方などを案内する。パソコンメーカーが自社のパソコンにプリインストールしているデータ移行ツールなどの使用についても、可能な限りサポートするという。電話サポートは、5月31日までの9時30分~18時30分に利用でき、回数の制限はない。

 また、米Laplink Softwareと協業し、同社のデータ移行ソフト「ファイナルパソコン引っ越し」(国内ではAOSテクノロジーズが販売)の機能限定版「ファイナルパソコンデータ引っ越し eXPress」を3月中に全ユーザーに無償提供する。これは、Windows 8.1に付属する「Windows転送ツール」がWindows XPをサポートしていないことに対応した措置。このソフトをダウンロードすると、Windowsの設定や文書ファイル、受信済みのメール、はがき作成ソフトの住所録などを移行できる。使用できるのは、移行元がWindows XP、移行先がWindows 8/8.1の場合のみ。7月31日まで利用できる。

 このほか、Windows Updateによって、Windows XPの画面にサポート終了の警告画面を表示する機能を追加することも発表した。まず3月9日8時に最初の警告画面を表示。この画面は、その後も毎月9日に表示される。

 日本マイクロソフト業務執行役員Windows本部の藤本恭史本部長は、今回の施策の対象者について「ある程度知識があるユーザーは、もう移行に着手している。今残っているお客様は、『何から手をつけてよいか分からない』という人が多い。そのような方に、電話相談窓口やイベントなどで直接案内していきたい」と語った。