米アップルは2013年11月12日、日本向けのアップルオンラインストアで、7.9型タブレットの新製品「iPad mini Retinaディスプレイモデル」(フォトレビュー記事)の販売を開始した(画面)。10月の製品発表時には「11月中の発売」として時期を明確にしておらず、供給の遅れを懸念する声もあったが、比較的早期に発売された。

 「iPad mini Retinaディスプレイモデル」のディスプレイ解像度は2048×1536ドットで、従来モデル「iPad mini」(1024×768ドット)から大幅に高精細化。処理性能や通信機能なども向上させている。

 同日22時時点では、無線LAN(Wi-Fi)接続機能付きの16GBモデル(4万1900円=税込み)の出荷予定日は「1~3営業日」となっており早期に入手できる。ただし、32GBモデル(5万1800円)、64GBモデル(6万1800円)、128GBモデル(7万1800円)の3モデルの出荷予定日は「5~10営業日」となっている。

 携帯電話通信機能付きのiPad mini Retinaディスプレイモデルは、オンラインストアでは取り扱わず、直営のアップルストアやソフトバンクモバイル、au(KDDI)の販売店などで販売する方針である。

アップルオンラインストア