日経パソコンは2013年8月22日、「スマートフォン・タブレット満足度ランキング」の集計結果を発表した。機能や使い勝手などを含む製品全体の評価である「総合満足度」は、スマートフォン部門が「iPhone 5」、タブレット部門が「iPad mini」と、いずれもアップル製品が首位になった。一方で国内メーカーの多くの製品は下位に沈み、苦戦が際立った。通信サービス部門では、イー・アクセスが首位だった。ランキングは、日経BP社が発行するメールマガジンの読者を対象に実施したアンケートを集計して決定した。アンケートの回答者は計1万4279人。今回が第1回目の調査となる。

 ここ数年で急激に普及しているスマートフォンとタブレットは、仕事にも生活にも不可欠のデジタルツールとなっている。多数の製品が登場して選択肢が増える一方、実際に使ってみないと、その実用性や使いやすさは見えてこないことが多い。日経パソコンはそれら製品の満足度を探るため、製品を購入したユーザーに対して大規模なアンケート調査を実施した。

 「総合満足度」で首位となったのは、スマートフォンがiPhone 5、タブレットがiPad mini。アップル製品は、ほかにも「iPhone 4/4S」がスマートフォン部門の3位、「iPad(Retinaディスプレイ搭載)」がタブレット部門の2位になるなど、全般的に高い満足度を示した。

3年以内にスマートフォンを購入したユーザーに製品の総合的な満足度を聞いた。「満足」を10点、「まあ満足」を5点、「どちらとも言えない」を0点、「やや不満」を-5点、「不満」を-10点として、合計値を有効回答数で割った値を満足度とした。製品はシリーズ名でまとめており、実際には複数の機種を含む。1位は「iPhone 5」、2位にはKDDIと台湾HTCが共同開発した「HTC J」が入った。カッコ内の数値は有効回答数。iPhoneやiPadなどシェアが高い一部製品は、より詳細に分析するため製品の種類を細分化して集計した

タブレットもスマートフォンと同様に満足度を集計した。製品はシリーズ名でまとめており、実際には複数の機種を含む。1位は小型の「iPad mini」、2位は同じく米アップルの「iPad(Retinaディスプレイ搭載)」、3位には、NTTドコモのスマートフォンユーザーで動画サービスに一定期間以上加入すると9975円で購入できる「dtab」が入った

 アンケートでは、ここで紹介した総合満足度のほかに「機能・性能」「操作性・使い勝手」「デザイン」「コストパフォーマンス」「サポート」と項目別の満足度も調査している。アップル製品は、デザインやシンプルで分かりやすい操作性の評価が高かった。アンケートの自由記述欄では、高精細ディスプレイをいち早く採用したことや、アプリケーションストアが充実していることを支持する声も多く見られた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら