マイクロン ジャパンは2013年4月10日、SSDの新モデル「Crucial M500」を発表した。2.5インチとmSATA、M.2の規格に対応した製品があり、2.5インチとmSATA製品は4月中旬に発売する。早ければ今週末に、東京・秋葉原のPCパーツショップなどに登場しそうだ。

2.5インチ型「M500」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

mSATA型「M500」の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 Crucial M500は、自作PCユーザーに人気のSSD「同m4」の後継モデル。新版は20nm世代のNANDフラッシュメモリーを搭載。コントローラーチップは公表していないが、製品にはMarvell Technology Groupの「88SS9187」が搭載されている(日経WinPC編集部調べ)。処理速度(公称値)は、順次読み出しが最大500MB/秒、順次書き込みが最大400MB/秒。

 2.5インチは、960GBと大容量のモデルを用意したのが特徴。この他に120G/240G/480GBモデルがある。mSATAは120G/240G/480GBの3モデル構成だ。

 推定実勢価格は、120GBモデルが1万2600円、240GBモデルが2万1000円、480GBモデルが3万8850円、960GBモデルが6万900円。960GBモデルの価格は、同容量クラスでは最安レベルだ。製品には3年間の保証が付く。