ソニーモバイルコミュニケーションズは2013年2月26日、OSとしてAndroid 4.1を採用した10.1型液晶搭載のタブレット「Xperia Tablet Z SGP312JP/B」「同SGP312JP/W」の2モデルを4月13日から販売すると発表した。両者の違いは背面の色のみで、SGP312JP/Bがブラック、SGP312JP/Wがホワイトになる。実勢価格はどちらも約6万円。

 この製品は、NTTドコモが2013年1月22日に発表し、3月に発売する予定の「Xperia Tablet Z SO-03E」から、3GおよびLTE通信機能などを省いたもの。インターネットには、IEEE 802.11a/b/g/nなどを利用して接続する。1920×1200ドット表示の10.1型液晶を搭載しながら、高さ172×幅266×厚さ7.2×mmで、重さは495gと、薄型・軽量なのが特徴だ。

 IPX5/7相当の防水性能や、約810万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用したカメラ機能などは、3G/LTE対応版と同じ。前面のカメラは約220万画素になる。Bluetooth 4.0、NFCなどの通信機能も備える。ただし、ワンセグやNOTTVなどのテレビ放送を受信する機能はない。バッテリー駆動時間はWeb閲覧時で8.2時間。