世界最大規模となるモバイル関連の展示会「Mobile World Congress 2013」(以下、MWC)が2013年2月25日にスペインのバルセロナで開幕する。主催はモバイル/通信事業者の業界団体GSMAで、会期は2月28日まで。世界各国の通信事業者やスマートフォンやタブレット関連の製品を手がけるメーカーが集結する。会場内には約1500の企業やアプリケーション開発者などが最新の製品やサービスを展示する。

 注目はMWCに合わせて各メーカーが発表する新しいスマートフォンやタブレット。1月に開催された家電とITの展示会「2013 International CES」で発表された米エヌビディアの「Tegra 4」、米クアルコム「Snapdragon 800」などを搭載した、高い処理性能を持った端末が登場することが期待される。

 iOSやAndroidに対抗する新しいモバイル向けOSの取り組みでも新たな動きが見えてきそうだ。米モジラ財団の「FireFox OS」、米リナックス財団の「TIZEN」 などの発表や展示が期待される。

 日本の携帯電話/スマートフォンではおなじみの「おサイフケータイ」も対応する、国際規格NFC(near field communication)についても多くの展示が見られそうだ。今回のMWCで、GSMAはNFC搭載のスマートフォンを入場券代わりとして使えるようにする取り組みをしているほか、さまざまな新しい利用シーンを提案するための展示をする。スウェーデンのエリクソンなど通信機器メーカーは次世代の高速なモバイル通信など最新技術を紹介する。

 PC OnlineではMWCの会場から、スマートフォンやタブレット製品を中心として、モバイル関連の最新情報をお届けしていく。