アップルは2012年9月21日、「iPhone 5」の発売を開始した。同社の直営店であるApple Storeでは、通常10時の開店時刻を繰り上げ、8時から先着順に販売した。

 東京・銀座の「Apple Store Ginza」では、約750人が列を作った。行列は最長で500mを超え、最後尾は銀座線の京橋駅付近に達した。先頭の男性は、6日前の9月15日から並んでいたという。開店時間の8時になると、拍手と歓声が自然に沸き起こり、先頭から順に、スタッフとハイタッチしながら店舗に入っていった。

 なお、同店では同日の11時から19時まで、1時間おきにiPhone 5の実機を解説する「iPhone 5 エクスプレスワークショップ」を開催する(銀座以外の店舗では16時まで)。

開店時間を朝8時に繰り上げて、iPhone 5の販売を開始したApple Store Ginza
[画像のクリックで拡大表示]

8時20分時点の最後尾。行列は京橋交差点まで達していた
[画像のクリックで拡大表示]

開店直後に入店した客は、スタッフからのハイタッチで迎えられた
[画像のクリックで拡大表示]

手続きは20~30分ほど。購入した客は再びスタッフからの拍手で送り出された
[画像のクリックで拡大表示]