楽天は2012年7月2日、同社の子会社であるカナダのコボによる電子書籍サービスを国内で開始すると発表した。サービス開始に伴い、電子書籍リーダー「kobo Touch」を発売する。リーダーの価格は7980円で、Webサイトで予約受付を開始している。電子書籍の配信は7月19日に開始する。

 「koboを通じて読書革命を起こしたい」と発表会で三木谷浩史会長兼社長は力を込めた。日本国内で若者などに読書離れが進んでいること、日本の書籍コンテンツの流通が国内に留まっていることに危機感を示し、「電子書籍で日本の文化、経済の発展の向上に貢献したい」と意気込んだ。

 この1月に楽天が買収したコボのサービスは、総コンテンツ数が240万。190カ国で900万人がアプリを利用している。「さまざまな企業の分析をして、コボが最も有力でパートナーとしてふさわしいと判断した」と三木谷社長は買収の経緯を説明。コボのマイケル・サービニスCEOと会談を持ち、その2日後にはカナダのトロントで買収の交渉をまとめたという。

 国内におけるサービス開始当初のコンテンツ数は約3万冊。そのうち1万冊が青空文庫などの無料コンテンツとなる。今後はベストセラーの書籍やコミックを含め国内で150万冊を集めることを目標とする。発表会では、販売する電子書籍のイメージをスクリーン上に表示し、具体的な出版社名や書籍名は明らかにしなかった。三木谷社長は、「ほぼすべての出版社が協力的」とし、出版社との交渉は堅調だと強調した。

 発売するkobo Touchは16階調の電子ペーパーを搭載。画面サイズは6型。重さは185gで、サイズは幅114×高さ165×厚さ10mm。メモリー容量は2GBでそのうちのユーザー利用領域は1GB。約1000冊の電子書籍が利用できる。microSDカードを挿入することで容量を増やすことも可能。IEEE 802.11b/g/nの無線LAN機能を備える。バッテリーを充電しなくても約1カ月利用し続けられるという。対応するファイルのフォーマットはEPUBとPDF。

 サービス開始当初、ユーザーが購入する電子書籍はkobo Touchでのみの閲覧になる。先々はAndroidやiOSなどに向けた閲覧用アプリを無料配布し、複数の機器で読めるようにする。