ソフトバンクモバイルは2012年5月29日、スマートフォンと携帯電話の夏モデルを発表した。複数色から選べる携帯電話の人気PANTONEシリーズはスマートフォンに切り替えたうえで、放射線の測定装置を搭載した。子会社であるウィルコムのPHS機能を組み合わせたスマートフォンも登場。通信網も強化する。総務省から新たに割り当てを受けた900MHz帯の電波の利用を開始し、新モデルの全機種が900MHz帯に対応する。

 「PANTONE 5 107SH」は、複数のカラフルな色から選べることで人気となった携帯電話のコンセプトを引き継いだスマートフォン。目玉は放射線の測定機能。画面の下部にボタンが付いており、これを長押しすることで専用アプリが起動し、周囲の放射線を測定できる。測定場所の情報も記録でき、地図上に表示して確認できる。

 「ガイガーカウンターを携帯に付けてください」。東日本大震災のあと、孫正義社長のTwitterアカウントにはこんな要望が寄せられていた。ユーザーの指摘に対し「やりましょう」と改善を進めてきた孫正義社長でも、「この機能だけは簡単にやりましょうとは言えなかった」(孫社長)という。技術的に難しく実現できない可能性もあったためである。その後、測定器の機能を集約した小型モジュールを開発して製品化に踏み切った。「子供を持つ母親をはじめ皆さんが安心して使えるように、放射線測定機能を日常の生活の中で毎日持ち歩くスマートフォンに搭載した」(孫社長)。幅115×高さ58×厚さ12mmと女性が手に持ちやすい本体サイズとした。

 「DIGNO DUAL WX04K」はウィルコムのPHS機能を搭載したスマートフォン。音声通話は主にPHSの通信機能、データ通信では3G(第3世代携帯電話)の機能を使う。通信事業者を選ばず月額980円で通話できるウィルコムの「だれとでも定額」が使える。このほか4.7型液晶を搭載した「AQUOS PHONE Xx 106SH」、指紋認証によるセキュリティ機能を搭載した「ARROWS A 101F」などのスマートフォンを投入する。

 7月25日からは、総務省から新たに割り当てを受けた900MHz帯の電波で携帯電話やスマートフォンを接続できるようにする。同社ではこのサービスを「プラチナバンド」と呼ぶ。従来の2.1GHz帯の電波と比べて、「電波が届く範囲は3倍になる」(孫社長)と自信を見せる。電波が回り込みやすくなるため、ビルなどの障害物や屋内での通信においても安定性が増すという。今回発表した夏モデルはすべてプラチナバンドに対応。iPhone 4/4S、iPad 2と新しいiPadでもプラチナバンドが利用できるという。

 データ通信サービスの「SoftBank 4G」は通信を高速化したモバイルルーターを投入する。従来は下り最大76Mbpsだったが、9月以降に発売するモバイルルーター「SoftBank 102HW」は下り最大110Mbpsとする。