パソコン自作力検定実行委員会は2012年8月19日、「パソコン自作力検定」(パ自検)の第2回を開催する。自作PCパーツの機能や特徴、自作の手順など自作PCに関すること全般の知識を問う検定で、第1回は2012年1月29日に東京・秋葉原で開催した。第2回は、要望を受けて東京と大阪の2つの会場で実施する。

 5月18日からパソコン自作力検定のWebサイトで受験者を募集する。締め切りは7月17日。会場は東京が秋葉原コンベンションホール。大阪は日本マイクロソフト大阪オフィスのセミナールーム。問題はテクニカルライターの高橋敏也氏が監修。100問あり、マークシート方式で回答する。

 96~100点をA級、86~95点をB級、71~85点をC級、56~70点をD級と認定する。スコアの上位10名に自作PCのパーツを提供。その他の認定者には抽選で100名にロゴ入りマウスをプレゼントする。パソコン自作力検定実行委員会はイーアリーナが企画・運営している。