The GIMP Teamは2012年5月3日、市販ソフト並みに高機能な画像編集ソフトの新版「GIMP 2.8」を公開した(写真1)。約3年半ぶりのメジャーアップデートになる。現在、LinuxなどのOS上でビルドして使えるソースアーカイブ(ソースコードをまとめて圧縮したもの)、Windowsのバイナリーファイルおよびインストーラ付きのユーザーマニュアル(日本語あり)が、GIMPの公式サイトから入手できる。

 GIMP 2.8では、旧版に比べて主に使い勝手の面が改善されている。まず「シングルウィンドウモード」が追加された。GIMPは、画像の編集作業をする「イメージウィンドウ」と、筆やペンなどの編集作業ツールをまとめた「ツールボックス」、レイヤー管理、ブラシやパターンを変更するダイアログをまとめた「ドッグウィンドウ」などのウィンドウに分かれていた。ツールバーの「ウィンドウ」-「シングルウィンドウモード」を選べば、シングルウィンドウモードに切り替わり、それらを1つのウィンドウにまとめられる。

 またドッグウィンドウは、ダイアログを縦に並べるだけでなく、横に並べられるようになった。これによって横に長いワイド型ディスプレイやマルチモニターでより使いやすくなった。

 このほか、レイヤーをツリー構造で管理したり、XCF形式が保存で他の形式に保存する場合はエクスポートになったり、ベクター処理による複雑な描画が可能なライブラリ「Cairo」を利用したりするなどの改良も加わっている。