【夏モデルのトピック】
●15.6型と10.1型のシリーズを投入
●15.6型に新型Core iを搭載
●10.1型の変更点は少ない

 ビジネス用途を中心としたノートパソコン「Let's note」ブランドを展開するパナソニック。同社の夏モデルは、まず15.6型の「B11」と、10.1型の「J10」シリーズで新モデルを投入する。

 B11はフルHD(1920×1080ドット)表示の15.6 型液晶を搭載しつつ、2kgを切る重さで、オフィス内で持ち歩けるスタンダードノート。新型CPU の第3世代Core i7とUSB 3.0端子を2つ用意した点などが新しい。

 一方のJ10はマイナーチェンジにとどまる。上位モデルの「CF-J10YYNHR」はCPUが変わったものの、旧世代版のCore i5を採用する。

15.6型で1920×1080ドット表示や、1.895kgと比較的軽いのは従来通り。新型Core i7を搭載し、USB 3.0端子を2つ備えた点が新しい。
[画像のクリックで拡大表示]

CPUは第2世代のCore i5のままだが、Core i5-2435Mから同2450Mへと強化した。付属のジャケットを装着した際の重さは1.205kgとなる。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]