マイクロン ジャパンレキサー事業部は2012年4月上旬、SSDの新製品「Crucial Adrenaline」(CT050M4SSC2BDA)を発売する。NVELOのソフトウエア「Dataplex」のライセンスが付属しており、HDDのキャッシュとして使う。容量は50GB。インターフェースはSerial ATA 6Gbpsで順次アクセスは読み出しが最大500MB/秒、書き込みが95MB/秒。実勢価格は1万円。日経WinPCはAdrenalineの製品版を入手、使い勝手を検証した。

Crucial Adrenaline(CT050M4SSC2BDA)。2.5インチHDD互換の大きさで厚さは9.5mm。重さは75g。
[画像のクリックで拡大表示]

 AdrenalineはMLC(Multi Level Cell)タイプのNANDフラッシュメモリーを搭載したSSD。コントローラーチップはMarvell Technology Groupの「88SS9174」だ。搭載しているフラッシュメモリーは64GB分あるが「そのうち14GBを性能最適化のために使う」(同社)ため、データを保存できる容量は50GBになっている。ランダムアクセス性能は4KBの読み出しが4万5000IOPS(1秒間当たりの入出力回数)、書き込みが2万IOPS。公称速度は「Crucial m4 SSD」の64GBモデルと同じだ。

Adrenalineの基板。コントローラーはMarvell Technology Groupの「88SS9174」。フラッシュメモリーは64Gビット品が8個。
[画像のクリックで拡大表示]

基板の裏側には何も無い。
[画像のクリックで拡大表示]

 パッケージには3.5インチベイに取り付けるためのマウンターとSerial ATAケーブル、ねじが付属する。キャッシュ用ソフトウエアはWebサイトからダウンロードする。製品ごとに異なる「プロダクトキー」が発行されており、アクティベーション(認証)して使う。

SSD本体の他、マウンターやSerial ATAケーブルが付属する。写真に無いがねじもある。
[画像のクリックで拡大表示]

 SSDをHDDのキャッシュとして使う仕組みとしては、LGA1155用チップセット「Intel Z68」が提供している「Smart Response Technology(SRT)」がある。HDDにWindowsをインストールした状態で、SSDを取り付けてSRTを有効にすると、よく使うデータを自動で判別してSSDにも配置する。HDDよりSSDの方がアクセスが速いため、見かけ上の速度が上がる。ただ、SRTは、Z68でしか使えない上、ストレージの動作モードを「RAID」にしてWindowsをインストールしておく必要がある。Marvellも「HyperDuo」というSSDキャッシュのソフトウエアを提供しているが、Marvell製コントローラーでしか使えない。

 DataplexによるSSDキャッシュも高速化の仕組みはほぼ同じ。頻繁にアクセスされるデータをSSDに保存して速度を上げる。SRTと異なるのは、ストレージの動作モードやチップセット/コントローラーチップに依存しない点だ。使っているPCのSerial ATAポートに接続して、キャッシュソフトをインストールするだけでよい。対応OSはWindows 7のみ。32ビット版と64ビット版で使える。

 Dataplexにはいくつか制限もある。キャッシュ対象のドライブはMBR(Master Boot Record)方式で管理されている1台のみ。GPT(GUID Partition Table)方式やRAIDボリュームは対象外だ。2TBより大きなドライブは使えない。

 Dataplexを採用したキャッシュ用SSDとしてはOCZ Technologyの「Synapse」が発売済みだ。Synapseの64GBモデルは1万円台前半。ただし、キャッシュとしてデータを保存できるのは半分の32GBしかない。冗長性を持たせた分、使い続けたときの信頼性は高いのかもしれないが、容量当たりの価格はAdrenalineが優れている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら