ソフトバンクモバイル 代表取締役社長の孫正義氏は、公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」において場所によって通信しづらい状況について、「技術的な解決策を検討しており、近々実現したい」との意向を示した。2012年3月1日に開かれた900MHz帯割り当てに関する会見の質疑応答で、日経パソコン記者の質問に答えた。

 同社は公衆無線LANサービスのアクセスポイントを、都市部を中心に急ピッチで進めている。現時点でのアクセスポイント数は、NTTドコモが8100局、KDDI(au)が7万局であるのに対し、ソフトバンクモバイルは24万局となっており、競合他社を圧倒している。一方で同社のユーザーの間では、「ソフトバンクWi-Fiスポットに接続しても通信できないことがある」との声が挙がっている。

 こうした状況が起こる背景について孫社長は、「特にセルエッジ(アクセスポイントのカバー範囲の外縁部)において、電波が弱まっているものであっても接続を試みて、結局通信できない場合がある。スマートフォンでは3G回線より無線LANの接続を優先するため、3G回線にも接続できず、結局どちらにもつながらないという状況が起こる場合がある」と説明した。

 その上で孫社長は、こうした公衆無線LANの通信しづらさに対し「技術的な解決策を検討しているところで、近いうちに実現したいと考えている。単にアクセスポイント数が多いだけではなく、はっきりつながるようにしていく」と表明。公衆無線LANの通信品質を改善させると約束した。