藤村修官房長官は2012年1月31日、定例記者会見において情報セキュリティの重要性を強調。2月1日から始まる「情報セキュリティ月間」に合わせて、国民一人ひとりが適切な対応を実施するよう呼びかけた。

 2010年から、政府では2月を「情報セキュリティ月間」と定め、情報セキュリティに関する普及啓発活動を、官民連携で集中的に実施している。2012年2月中も情報セキュリティ月間として、全国で関連行事が開催される。

 そこで藤村官房長官は、情報セキュリティ月間が始まることを改めて告知。2011年以降、国内のさまざまな組織に対するサイバー攻撃が表面化するなどして、情報セキュリティ上の懸念が高まっているので、政府はもちろん、国民一人ひとりが、適切な対応することが不可欠だと語った。

 同時に、藤村官房長官から国民に向けたメッセージを、首相官邸のWebサイトで公開した。メッセージでは、以下のような対策を挙げている。

・パソコンやスマートフォンには、必ず、セキュリティ関連ソフトウエアを導入する
・ソフトウエアを更新して常に最新の状態に保つ
・パスワードは、他人が容易に推測できないものとし、定期的に更新する

 そして、情報セキュリティ対策を自動車のシートベルトに例え、「パソコンやスマートフォンを使うときに忘れてはならないものです」と結んでいる。