グーグルは2011年12月15日、日本語入力ソフト「Google 日本語入力」のAndroid版(ベータ)を公開した。入力方法をAndroid端末向けにしながら、デスクトップ版の機能や語彙をできるだけ活用できるようにした。Androidマーケットから無料ダウンロードできる。

 Android版では、モバイル環境でよく使われそうな語彙を中心に辞書を構築。「メールを書く」「地図を検索する」「SNSに書き込みする」といったモバイルならではの使いにおいて、デスクトップ版並みの日本語入力が利用できるという。

 テンキーによるフリック入力とQWERTYキーボード入力に対応。動作環境はAndroid 2.1以上(タブレット端末とハードウエアキーボードはサポート対象外)。ユーザーのフィードバックを受けて改善を続ける。

 Google 日本語入力は、2009年12月にWindows版とMac版、2010年5月にオープンソース版をリリースしている。