アップルは2011年11月11日未明、iPhoneやiPad向けのOS最新版「iOS 5.0.1」のオンライン更新を開始している。iOS 5の最大の売り“PCフリー”を実現しており、パソコンを使わずに端末単体で更新できるのが特徴。ダウンロード時間を短縮するために、従来と違って差分のみを配信する。無線LANを使えば10分程度でダウンロードが済み、プログラムの解凍や検査、インストールを含めても数十分で更新が完了する。

 更新プログラムのサイズは、iPhone 4S用が55.5Mバイト、iPad 2用が39.4Mバイト、iPod touch(第4世代)用が40.1Mバイトなど。主な変更点は、(1)バッテリー駆動時間が短くなる問題の修正、(2)初代iPadにマルチタスキングジェスチャー機能を追加、(3)「Document in the Cloud」に関する問題を修正、(4)オーストラリア英語の音声認識精度の向上、(5)セキュリティに関する修正など。

 実際の更新作業は、「設定」アイコンをタップして「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→「ダウンロードしてインストール」と選択していくだけ。ダウンロードが始まると、放っておけば更新が完了する。従来に比べ、本当に手軽になっている。