東京大学、日本マイクロソフト、レノボ・ジャパンの3者は2011年10月5日、21世紀の国際社会で必要な能力として規定されている「21世紀型スキル」の育成を目指して、ICT(情報通信技術)を活用した学習法の実証研究に連携して取り組むと発表した。東京大学にオープンした施設「21 KOMCEE」において、タブレットPCとクラウドサービスを活用した授業に取り組むほか、東京都・豊島区教育委員会の協力の下、豊島区立千川中学校において同様の学習法を展開する。

 21世紀型スキルとは、世界の教育科学者やユネスコ(国際連合教育科学文化機関)、OECD(経済協力開発機構)などの国際教育機関が連携して考案した、21世紀の国際社会で必要な能力。批判的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力、コラボレーション能力、ICT活用能力など、子供たちが身に付けるべき能力を規定している。

 こうした能力を育成するための「21世紀型教育」を、ICTを活用して構築しようというのが今回のプロジェクト。具体的にはまず、東京大学の駒場キャンパスに9月28日竣工した新施設「21 KOMCEE」において、ペンタッチ操作にも対応したコンバーチブル型タブレットPCとクラウドサービスを活用した「アクティブラーニング(能動型学習)」を10月上旬から実施する。

 アクティブラーニングとは、「学生自らが、複雑な情報を整理して本質的な課題を見つけ出し、その解決を目指して様々な視点から能動的に課題に取り組む学習形態」(東京大学大学院情報学環 山内祐平准教授)。知識習得だけでなく、それを前提として自分で整理し、課題を見つけて取り組みことがポイントとなる。「小中学校では21世紀型スキル、大学ではアクティブラーニングとよく言うが、中身は同じもの。学習形態と、その目標という違いだけ」(山内准教授)だという。

 同大学では、既に2007年度から40台のタブレットPCを利用したアクティブラーニングの実験を進めており、読解支援ソフト「eJournal Plus」も開発した。同ソフトを使うと、資料を読解しながら必要な部分を抽出してブロック化。各ブロックを囲んだり、線で結んだりして構造化しながら、レポートの作成が行える。こうしたソフトなどを使って試行してきた取り組みを、今後は21 KOMCEEにおいて本格的に展開する。その中では、レノボ・ジャパンや日本マイクロソフトからゲストを迎えて、実際の情報社会のあり方について話を聞くとともに、そこで登場するキーワードについて議論するといったモデル授業も行う。

 さらに、同様の21世紀型教育を小中学校に広げるために、豊島区立千川中学校でも10月下旬から実証研究を開始する。同中学校では、2年生を中心に40台のタブレットPCを活用。1人1台の環境でインターネットを利用した調査、レポートやマルチメディア作品の制作、eJournal Plusを利用した読解、マイクロソフトのメモソフト「OneNote」を利用した協調学習などを行う。展開に当たっては、東京大学がeJournal Plusの導入を支援するほか、授業設計やICT活用に関する研修、助言などを行う。

 今回のプロジェクトで利用するタブレットPCは、レノボ・ジャパンが東京大学に60台、千川中学校に40台を寄贈する。また日本マイクロソフトは、OneNoteを含む「Office 2010」やファイル共有ツール「SharePoint Workspace」、オンラインストレージ「SkyDrive」などを提供する。

 なお、利用するツールとして「iPad」のような完全なタブレット端末ではなく、キーボードを備えたコンバーチブル型タブレットPCを採用した理由については、「タブレット端末は教育コンテンツを経験するには良いデバイスだが、21世紀型スキルを育成することを考えた場合、知識生産の道具である必要がある。現状の知識生産のアプリや環境を考えると、やはりキーボードがある方がよい。同時に、教育の場合は図に描くような作業があり、タブレット端末の長所も享受したい。これら両方を実現する最強のソリューションが、現状ではタブレットPCだった」(山内准教授)という。