台湾アスーステック・コンピューターは、キーボード一体型で重さが約960gの軽量タブレット端末「Eee Pad Slider SL101」を2011年10月8日より発売する。価格は4万9800円。

 OSにAndroid 3.1を採用。タッチパネル式の10.1型液晶ディスプレイを搭載するタブレット端末として使えるほか、液晶をスライドさせると下からキーボードが現れ、液晶が傾いてノートパソコンとして使えるようになる。キーボードとタッチパネルが重なったタブレット端末の形状で、18.3mmの薄さを実現した。幅は273mm、奥行きは180.3mm。

 CPUはエヌビディアのTegra 2で、メモリーは1GB、eMMCを使った32GBのフラッシュストレージを搭載する。10.1型の液晶はIPS方式の10点マルチタッチで、解像度は1280×800ドット。外側に500万画素、内側に120万画素のWebカメラを内蔵する。センサー類はGPS、電子コンパス、光センサー、加速度センサー、ジャイロスコープを搭載する。

 インタフェースはUSB 2.0を1つ、Mini HDMI出力端子、microSDメモリーカードスロットを搭載。無線LANはIEEE 802.11b/g/n、Bluetoothも備え、ノートパソコン並みの拡張性を備えた。バッテリーは無線LANをオンにして動画を見続けた場合で約8時間利用できる。

 プリインストールソフトはOffice文書の確認や簡単な編集が可能な「Polaris Office」、電子書籍を購入・閲覧できる「Booklive!Reader」、DLNA対応家電と音楽や映像を共有できるクライアントソフト、Google Navigationなどの地図ソフトなど。このほか、容量が無制限の同社の「ASUS WebStorageサービス」(機能に応じて8.99~14.99ドル/3カ月)を12カ月無料で使える。