ソフトバンクモバイルは2011年9月29日、冬春商戦向け携帯電話の新製品を発表した。下り最大21Mbps対応のスマートフォンの“ULTRA PHONE”3機種が注目される。「AQUOS Phone 104SH」「AQUOS Phone 102SH」「LUMIX Phone 101P」がある。

 AQUOS Phone 104SHは、厚さ8.6mmと薄く防水機構付きなのが特徴。米テキサス・インスツルメンツ(TI)製で動作周波数が1.5GHzのデュアルコアCPUを搭載。液晶ディスプレイは4.5型で、解像度は1280×720ドット。緊急地震速報に対応する。

 AQUOS Phone 102SHは、CPUがデュアルコアで、動作周波数が1GHz。液晶ディスプレイは4.5型で、解像度は1280×720ドット。消費電力を最大で50%減らす機能「エコ技」を備える。防水、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線、緊急地震速報に対応する。

 LUMIX Phone 101Pは、背面に1320万画素のカメラモジュールを搭載しているのが特徴。撮影した写真を顔認証し、自動的に分類する機能を備える。CPUはTI製のデュアルコアで、動作周波数は1GHz。防水、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、緊急地震速報に対応する。

 このほか、「AQUOS Phone 103SH」「MEDIAS CH(チャーム) 101N」「STAR7 009Z」「STREAK PRO 101DL」「PANTONE 4 105SH」の各機種や、家庭用の防犯端末「みまもりホームセキュリティ 101HW」、女性向け端末「HONEY BEE 101K」「AQUOS Phone THE HYBRID 101SH」、ディズニーモバイルブランドのスマートフォン「DM010SH」「DM011SH」とフォトフレーム「DM001Photo」などを発表している。

 同社は同日午前11時から東京都内で記者会見を開催した。詳細は追って報じる。