既に米マイクロソフトの開発者ブログ「Building Windows 8」で明らかにされている通り、Windows 8は、「シャットダウン」した状態からの起動(コールドブート)よりも高速に起動できる新技術を採用している(関連記事)。開発者ブログでは「Fast Boot」(高速起動)と呼ばれていたが、9月14日公開された開発者向けのプレビュー版(Developer Preview)では、「Hybrid Boot」(ハイブリッドブート)という名称で搭載されている。

 ハイブリッドブートは、シャットダウンと「休止状態」の中間に位置付けられる技術だ。終了時に「ユーザーセッション」を完全に終了させながら、「カーネルセッション」のデータは休止ファイルとしてハードディスクに保存する。これにより、起動時には休止ファイルを読み取り、デバイスドライバーを初期化するだけでログオン画面まで到達できる。Windowsのシステム全体を初期化して起動するよりも速いことに加え、ドライバーの初期化を行うことで、より安定した状態で起動できる。

 従来の「休止状態」を利用した場合も高速な復帰を実現できるが、休止状態ではドライバーの初期化が行われないため、OSが不安定になる可能性がある。これを解消しつつ、高速な起動を実現するのがハイブリッドブートというわけだ。

 実際にどのくらい高速に起動するのか、開発者会議「BUILD」で参加者に配布された韓国サムスン電子のスレートPC「700T1A」で早速テストしてみた。開催期間中は、同じ製品が報道関係者にも貸与されている。同製品は、CPUがCore i5-2467M(1.6GHz)、メモリーは4GB、64GBのSSDを搭載するという仕様。SSD搭載機なのでもともと起動時間は短かそうだが、Windows 8によるハイブリッドブートの効果を見てみよう。

テストに利用した韓国サムスン電子のスレートPC「700T1A」。BUILDの参加者に配布されたものと同じ製品だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら