KDDI(au)は2011年8月25日、世界で初めてOSに「Windows Phone 7.5」を搭載したスマートフォン「Windows Phone IS12T」の販売を開始した。これに合わせて、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaとビックカメラ有楽町店では、発売記念セレモニーが開催された。

 挨拶した日本マイクロソフトの樋口泰行社長は、「発表以来、さまざまな人に意見を聞いているが、Windows Phone 7.5の評判は大変良い」と製品の手応えを強調。「追いかける立場ではあるが、素晴らしいOSが出せた。アプリの数以外は負けているところはなく、その数も急速な勢いで増えている。私としても今年の最優先課題の一つとして力を入れていく」と意気込みを語った。

 タレントの片瀬那奈さんとの対談でも、「タッチパネル上の操作ボタンを大きくした『Metro』インタフェースは、爪の長い女性にも使いやすいと思う」と、使いやすさをアピール。あらかじめ端末に触れていた片瀬さんは、「スマートフォンってこんなに使いやすくなっているのか」と、高速な動作や操作性に感心したという。

 Android端末との違いについて聞かれたKDDIの牧俊夫商品統括本部長は、「Androidはアプリも含めていろいろな可能性がある。一方、Windows Phoneは、ユーザーがカスタマイズするのではなくて、ユーザーが望むものを形にしたものだ。簡単に使いこなせるスマートフォンを求めるユーザーなど、幅広い層に使ってもらいたい」と話し、Windows PhoneによってAndroidとは別の市場を開拓したい考えを示した。

 富士通東芝モバイルコミュニケーションズの大谷信雄社長も、「AndroidとWindows Phoneは性格が全く違う。Androidはオープンで自由でアプリも豊富なのが利点。一方、マイクロソフトが作ると、きちんと作られていて、権利関係やセキュリティも安心して使える。それぞれが良い特徴を持っているので、決してかぶらない。お客様がいろいろ選択できるのは素晴らしいことだ」と、Windows Phoneによってユーザーの選択肢が広がることに期待した。

 なお、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaでは、IS12Tの購入者に先着順で日本マイクロソフトのオリジナルTシャツをプレゼントする。