コクヨS&Tは2011年8月8日、紙のノートに書いた内容をiPhoneの内蔵カメラで撮影し、データ化して記録できるアプリケーション「CamiApp」の配信を開始した。アプリの料金は無料。CamiAppでの読み取りに最適化した紙の専用ノート「CamiApp」シリーズの価格は210~441円で、9月7日から発売する。

 専用ノートには、各ページの四辺に黒い縁がある。専用アプリを使いノートを撮影すると、この四辺の縁を読み取り、台形補正をした上で画像をデータ化する仕組みとなっている。

 ノートの端にはアクションマーカーと呼ばれる3つの長方形が並んだ枠を設けた。このパターンの塗り潰し方によって、あらかじめ設定した7種類のタグを付けられる。例えば、右端の枠を塗り潰した際には「会議」というタグを付けるといった指定ができる。取り込んだデータをEvernoteDropboxに送る機能もある。

 取り込んだデータの不要な部分を塗り潰す、赤ペンで強調するといった編集機能も備えている。

 紙の専用ノートはA7~B5サイズで、計8種類を用意する。アプリケーションはiPhone 3GS、同4に対応する。9月にはAndroid版を配信する予定。