総務省は2011年7月27日、「フューチャースクール推進研究会」の第1回会合を開催した。同会合を主催する平岡秀夫総務副大臣をはじめ、研究会の構成員が一堂に会した。

 フューチャースクール推進研究会では、教育現場でのICT(情報通信技術)活用について検討する。具体的には、学校現場におけるICT(情報通信技術)環境の構築・運用や具体的なICTの活用方法の検討、クラウド・コンピューティング技術の活用方法の検討などである。さらに、この結果を生かして、2010年度に策定した「教育分野におけるICT利活用推進のための情報通信技術面に関するガイドライン(手引書)2011」を改訂し、「ガイドライン(手引書)2012」(仮称)を策定する。

 また、総務省が2010年度にスタートした「フューチャースクール推進事業」の進捗状況の確認、同推進事業への助言なども行う。 同推進事業は、教育分野でのICT利用を促進し、子どもが互いに教え、学び合うのを支援する目的で始まったプロジェクト。ICT機器を使ったネットワーク環境を教育現場に構築して、ICT活用に関する技術的課題を抽出・分析するための実証実験を実施している。機器は、生徒1人1台のタブレットPCや電子黒板を使っている。

 同推進事業は、文部科学省が2011年度から実施する「学びのイノベーション事業」と連携することが決まっている。今回のフューチャースクール推進研究会の会合で、総務省と文部科学省が連携する際の役割分担を確認した。フューチャースクール推進事業は、東日本と西日本から公立小学校5校ずつを選び、全国10校を実証校として、電子黒板や1人1台のタブレットPC、校内LANなどのICT環境を整えた上で授業を行ってきた。2011年度以降、総務省が主として情報通信技術面やハード面から、文部科学省が教育用コンテンツ開発などソフト面から、同じ実証校で実証研究を進める。実証校は、新たに中学校8校、特別支援学校2校を追加する。追加する実証校は、公募で採択する(締め切りは2011年8月8日)。

 研究会の構成員は次の通り(五十音順)。清水康敬東京工業大学監事・名誉教授が座長を務める。

 石原一彦 岐阜聖徳学園大学教育学部教授/金森克浩 国立特別支援教育総合研究所教育情報部総括研究員/小泉力一 尚美学園大学大学院芸術情報研究科教授/曽根節子 港区立青山小学校校長/長谷川忍 北陸先端科学技術大学院大学遠隔教育研究センター准教授/前迫孝憲 大阪大学大学院人間科学研究科教授/村上輝康 野村総合研究所シニア・フェロー/矢野米雄 徳島大学情報化推進センター長・名誉教授