富士通は2011年6月22日、電子書籍の配信サービス「BooksV(ブックスブイ)」をオープンした。小説や実用書など約数万点の書籍を取り扱うほか、「日経ビジネス」「日経コンピュータ」など雑誌記事や市場レポートなど30万点以上の記事を配信する。

 電子書籍の取次事業を運営しているモバイルブック・ジェーピーと提携して、各種の書籍を配信する。記事データベースの配信サービスをしている富士通関連会社ジー・サーチのコンテンツも扱う。

 Windowsパソコンのほか、Androidのスマートフォンやタブレット型端末などで表示できる。個人向けパソコン「FMVシリーズ」の2011年夏モデルには、BooksVのWebページへのリンクを配置している。

 BooksVを利用するには、パソコンユーザー会員「AzbyClub(アズビィクラブ)」の「AzbyClubユーザー名」もしくは、ニフティの「@nifty ID」「@niftyユーザー名」を取得する必要がある。

 7月10日までには、WindowやWordの解説書など富士通エフ・オー・エムの電子書籍20点を無償配信するキャンペーンを実施する。