米モジラは2011年6月21日、Webブラウザー「Firefox」の最新版となる「Firefox 5」正式版を公開した。対応OSはWindows、Mac OS X、Linux、Android。モジラのWebサイトや「Androidマーケット」などから入手できる。

 Firefox 5では、新機能を追加するとともに、パフォーマンスやセキュリティを強化したという。例えば、CSSだけで動きのあるWebページを実現できる「CSSアニメーション」に対応。HTMLの新規格である「HTML 5」への対応も強化した。Webサイトに対して、行動を追跡されたくないことを通知する「Do Not Track」機能も搭載した。

 既知の脆弱性も複数修正した。例えばデスクトップ版(Windows/Mac/Linux版)では、8件の脆弱性を修正している。加えて、パフォーマンスの向上も図ったとしている。

 今回のFirefox 5から、モジラでは新版をリリースするサイクルを短縮している。以前は、メジャーバージョンアップの間隔は2年から3年だった。例えば、Firefox 2.0は2006年10月24日、Firefox 3.0は2008年7月16日、Firefox 4.0は2011年3月22日にリリースされている。

 ところが今回のFirefox 5.0は、Firefox 4.0の3カ月後にリリースされた。次のメジャーバージョンアップとなるFirefox 6.0は、2011年8月16日にリリースを予定。その後は、6週間ごとにメジャーバージョンアップする予定だという。