カナダのResearch In Motion(RIM)は現地時間2011年6月10日、タブレット端末「BlackBerry PlayBook」について、北米以外でも販売を始めると発表した。欧州、アジア、南米などの16の国・地域で今後30日以内に発売するとしている。

 対象となるのは、英国、ドイツ、オランダ、フランス、イタリア、スペイン、オーストラリア、インド、インドネシア、シンガポール、香港、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、メキシコ、ベネズエラ、コロンビア。

 RIMは具体的な発売日を明らかにしていないが、米メディア(Wall Street Journal)は事情に詳しい関係者の話として、インドでは6月19日に販売を始めると報じている。

 BlackBerry PlayBookは2011年4月19日に米国とカナダで販売を開始した7インチ型のタブレット端末。OSには、2010年1月に買収したカナダQNX Software SystemsのリアルタイムOS「QNX Neutrino」をベースにした「BlackBerry Tablet OS」を採用している。ビジネス向けと位置付けた製品で、1080p HDビデオを録画可能なカメラを2基備える。

 データ保存容量が16Gバイト、32Gバイト、64Gバイトの3機種を用意しており、米国での価格は、米Appleの「iPad」と同じく、それぞれ499ドル、599ドル、699ドル。PlayBookは現在のところ、Wi-Fi接続専用モデルだが、将来的には第3世代(3G)、第4世代(4G)ネットワーク対応モデルの投入も計画されている。

[発表資料へ]