センドメールは2011年5月16日、「SPF(Sender Policy Frameworks)」方式の送信ドメイン認証設定が正しく行われているかをチェックするツール「SPFレコードチェックツール」を無償公開した。SPFは、迷惑メール対策に利用される送信ドメイン認証技術のうち、現在、最も普及している技術。

 送信ドメイン認証は、電子メールの送信者情報のドメインが正規のものであるか検証できるようにする技術。大きく分けて、IPアドレスを認証に使う「SPF」と、メールに電子署名を付与する「DKIM(DomainKeys Identified Mail)」の2種類がある。

 SPFレコードチェックツールでは、メールサーバー管理者がセンドメールのWebサイトにアクセスして、ホスト情報とメールヘッダー情報をチェックツールに入力。DNSサーバーに問い合わせ、正しく動作しているかどうかを確認して、送られてきたメールが迷惑メールでないことを確かめる。

 チェック結果は7種類あり、以下のいずれかが返ってくる。「pass」(認証に成功)、「permerror」(送信元のSPFレコードの文法的な誤りなど永続的なエラーのため認証処理を実行できなかった)、「temperror」(一時的な障害などで認証処理が失敗)、「neutral」(送信元が認証の成功・失敗について明確にしていない)、「softfail」(認証失敗だが、送信元は失敗と扱うべきではないとしている)、「hardfail」(認証に失敗)、「none」(送信元でSPFレコードが宣言されていない)。

 センドメールは、iPhoneアプリ版のSPFチェックツール「Sendmail IP Info.」を5月1日から提供中。今後、「DKIM」用ツールなども公開してゆく予定だ。