カスペルスキーは2011年5月11日、Android搭載スマートフォン向けのセキュリティソフト「カスペルスキーモバイルセキュリティ 9 for アンドロイド」(体験版)の無償利用期間を延長すると発表した。当初は、インストール後30日しか無償で利用できなかったが、ユーザー登録すれば2011年12月末まで利用可能になった。「特別無料提供版」という名称で、同社Webサイトからダウンロードできる。有料版の提供時期は未定。

 同ソフトが備えるのは、「盗難対策」「アンチウイルス」「プライバシー保護」「着信拒否」の4機能。

 盗難対策機能は、盗難・紛失時にスマートフォンの悪用を防ぐ。例えば、同ソフトをインストールした端末に対して、SMS(ショートメッセージサービス)で特定のコマンドとパスワードを送信すると、端末をロックして操作不能にしたり端末内のデータを消去したりできる。

 アンチウイルスは、Android端末上で動作するウイルスを検出・駆除する機能だ。そのほか、特定の連絡先やSMS履歴、通話・着信履歴を非表示にしたり、迷惑な電話やSMSをブロックしたりする機能などを備えている。

 対応OSは、Android 1.6~2.3。動作確認が完了しているスマートフォンは、NTTドコモがGALAXY S (SC-02B)、LYNX 3D (SH-03C)、REGZA Phone (T-01C)、GALAXY Tab (SC-01C)、Xperia arc (SO-01C)、MEDIAS (N-04C)。KDDI(au)がis03、is04、is05。ソフトバンクモバイルがGALAPAGOS (003SH)。