Intelは2011年5月11日、デスクトップPC向けのCore i7/i5/i3シリーズ用のチップセットとして「Intel Z68」をラインアップに追加した。出荷済みの「Intel P67」「Intel H67」の特徴を併せ持つ製品で、CPUのオーバークロック設定と内蔵グラフィックス機能の利用を両立できる。SSDをHDDのキャッシュとして使う「Smart Response Technology」にも対応した。

Intelは3月にドイツで開催されたIT見本市「CeBIT 2011」の基調講演でIntel Z68を紹介していたが、正式には発表していなかった。
[画像のクリックで拡大表示]

Intel Z68本体。
[画像のクリックで拡大表示]

 Intelが1月に発表した新型Core iシリーズ用のデスクトップPC向けチップセットには、Intel P67/H67/H61などがある。このうちP67は、負荷に応じて自動でCPUの動作倍率を高めて高速化する「Turbo Boost」の最大倍率を変更可能。自己責任の元でオーバークロックして、より高い性能を得る設定にできた。しかし、新型Core iシリーズの内蔵グラフィックス機能には非対応(利用不可)で、内蔵機能に付随する動画エンコード高速化の「Quick Sync Video」は利用できない。逆に、H67/H61は内蔵グラフィックス機能が使えるが、CPUのオーバークロック設定は不可能だった。

 Intel Z68は、P67とH67の特徴を併せ持った製品。P67と同様に、Turbo Boostの倍率やメモリーの動作倍率も変えられる。内蔵グラフィックス機能も利用可能で、グラフィックスコアの最大動作周波数を引き上げられる。

 インターフェース周りはP67と同じ。USB 2.0×14、Serial ATA 6Gbps×2、Serial ATA 3Gbps×4、PCI Exprsss 2.0 x1×8、Gigabit EthernetのMAC(論理層)などを備える。CPUにあるPCI Express 2.0 x16をx8の2系統に分割して複数のグラフィックスボードが利用できる点もP67と同じだ。

 RAID 0/1/5/10が使える「Rapid Storage Technology」、業務向け機能で認証を強化する「Identity Protection Technology」にも対応する。また、LucidLogix Technologiesのソフトウエア「Virtu」を併用することで、CPUの内蔵グラフィックスとPCI Express x16スロットに挿した別のグラフィックスボードを動的に切り替えて使える。

 Z68の大きな特徴の1つに「Smart Response Technology」(以下SRT)への対応がある。SRTはHDDとSDDを組み合わせて1つのストレージとして扱い、よく使うデータをSSDにキャッシュすることでOS/アプリケーションの起動や応答性を高める効果を狙った機能。Intelは、HDDの大容量とSSDの高いアクセス性能を両立できるとしている。Intelは、SRTをRAID機能であるRapid Storageの一部として提供する。そのため、SRTを利用するにはストレージのインターフェースをRAIDモードにして、HDDにOSをインストールする必要がある。

Smart Response Technologyを設定画面。SSDの最大64GBの領域をキャッシュ用として利用できる。上は256GB(表示は233GB)のSSDを使ったところ。「拡張モード」「最速モード」がある。拡張モードはライトスルーなので、HDDの書き込み速度と同等になる。最速モードはライトバックなので、一度SSDに書き込んで見かけの動作を終了させた後、HDDに書き込む。
[画像のクリックで拡大表示]

Smart Response Technologyの設定が終わったところ。動作モードの変更もこの画面でできる。256GBのSSDを使った場合、「キャッシュボリューム」として64GBが確保され、残りは通常のドライブになった(画面のデータボリューム)。64GB分は、2TB(表示は1.8TB)のHDDのキャッシュになる。
[画像のクリックで拡大表示]

■変更履歴
記事公開時、Smart Response Technologyの設定画面の説明で「高速モード」との記述がありましたが、正しくは「最速モード」です。お詫びして訂正します。該当部分は修正済みです。