米マイクロソフトは2011年5月10日(米国時間)、ルクセンブルクのスカイプ・テクノロジーズを買収すると発表した。買収額は85億ドル(約6860億円)。スカイプ・テクノロジーズはマイクロソフトの1部門となる。トニー・ベイツ最高経営責任者(CEO)が、同部門の責任者を務める。

 スカイプ・テクノロジーズは、利用者同士が無料で会話できる音声通話サービス「Skype」を提供する。世界各地で利用されており、2010年には1億7000万人のユーザーが利用したという。

 マイクロソフトは、オンライン会議やインスタントメッセージ機能などを備える企業向けユニファイドコミュニケーション製品「Lync」や、「Outlook」「Hotmail」「Xbox LIVE」などの製品/サービスでSkypeを利用可能にし、リアルタイム通信分野の事業を強化する。Skypeは、ゲーム機「Xbox」やコントローラー「Kinect」、スマートフォン用OS「Windows Phone」などに対応する。マイクロソフト以外のプラットフォームのサポートも継続するという。