アップルは2011年3月10日、iPhone/iPad/iPod touch向けの新OS「iOS 4.3」を公開した。iPhoneなどをパソコンと接続し、iTunesの表示に従えば無料でダウンロードできる。

 iOS 4.3は、同社が今月3日に発表し、同11日に提供を開始する予定だったが、前倒しで公開されることとなった。新たにApple TV経由でテレビにストリーミングできる「Air Play」に機能が追加され、音楽、映画、写真だけでなく、写真アプリ内のビデオもストリーミングできる。また、ブラウザーアプリ「Safari」は、JavaScriptを「iOS 4.2」の最大2倍の速度で実行することでページの読み込みが速くなった。そのほか、自宅のWi-Fiを使って、パソコンのiTunesに入っている音楽や映画などをダウンロードや同期せずにiPhoneなどから再生する「iTunesホームシェアリング」を搭載。iPadは本体横のスイッチが回転ロック、もしくはミュートのどちらかにカスタマイズが可能だ。

 アップルの発表によれば、4.3ではiPhone 4をモバイルWi-Fiルーターとして使える「パーソナルホットスポット」機能を備えており、最大5台のデバイスをiPhone 4を介してネットに接続できる。ただし、日本では利用できない。

 対応機器はiPhone 3GS/4、iPod touch第3・第4世代、iPad/iPad 2。