米アップルは、現地時間の2011年2月15日、App Storeからダウンロードできるコンテンツの定期購読サービスを開始した。

 サービスに登録したユーザーは、App Storeで扱う雑誌や新聞、動画や音楽などのコンテンツをアプリ内で更新し、決済できる。従来のように、毎回App Storeにアクセスし、新しい号をダウンロードする必要がない。購読期間は1週間や1カ月、年単位などで選択でき、定期的なコンテンツの購入が可能。自分のアカウントページで購読中のコンテンツをまとめて確認・管理することもできる。米ニューズ・コーポレーションが2月2日に発表したiPad専用の新聞「Daily」と同様の仕組みで、さまざまなコンテンツを利用できる。

 購読期間や価格はコンテンツの提供企業が設定し、米アップルが売り上げの30%を得る。ただし、同社は今回、コンテンツ提供企業が自社サイトなどのApp Store外で定期購読サービスを行うことを認めており、その場合は100%コンテンツ提供企業の収益になるとしている。その場合、同じコンテンツを同じ、もしくはより良い条件でApp Store内でも定期販売する必要がある。さらに、そうしたコンテンツ内には顧客を自社サイトなどに誘導するリンクを含めることができない。