NVIDIAは2011年1月25日、ミドルクラスのグラフィックスチップ「GeForce GTX 560 Ti」を発表した。発表済みの「GeForce GTX 580」「GeForce GTX 570」の下位モデル。GeForce GTX 460の後継ではなく、上位との位置付けで、GTX 460も引き続き供給する。製品名の「Ti」は「Titanium」の略。GeForce GTX 560シリーズとして、今後複数の製品が登場する。560 Tiは最上位モデルだ。

「GeForce GTX 460」の上位製品にあたる「GeForce GTX 560 Ti」のレファレンスボード。補助電源は6ピン×2。
[画像のクリックで拡大表示]

GeForce GTX 560 Ti本体。開発コード名を示す「GF114」のマーキングがある。
[画像のクリックで拡大表示]

 主な仕様は表の通り。基本設計は従来モデルのGTX 460と同じで、これまでのGTX 580/570と同様に、400シリーズよりも電力効率が上がるように改良している。「Streaming Multiprocessors(SM)」の内部構成もGTX 460と変わらず、SM1個当たり48個のシェーダーを搭載している(GTX 580/570はSM1個当たりシェーダーが32個)。GTX 460からSMが1個増えている分、シェーダーも増えた。コアの動作周波数は2割、メモリーの動作周波数は1割、GTX 460に比べ上がっている。

●GeForce GTX 570/560 Ti/460 1GBの主な仕様
※1…Graphics Processing Clusters、※2…Streaming Multiprocessors
チップ名称GTX 570GTX 560 TiGTX 460 1GB
GPC(※1)4個2個2個
SM(※2)15個8個7個
シェーダー(CUDAコア)数 480個384個336個
テクスチャーユニット数60個64個56個
ROPユニット数40個32個32個
コア動作周波数732MHz822MHz675MHz
シェーダー動作周波数1.464GHz1.644GHz1.35GHz
メモリー動作周波数3.8GHz4.008GHz3.6GHz
メモリー容量GDDR5 1280MBGDDR5 1024MBGDDR5 1024MB
メモリーバス幅320ビット256ビット256ビット
メモリー 転送速度152GB/秒128.3GB/秒115.2GB/秒
製造プロセス40nm40nm40nm
消費電力(最大、ボード)219W170W160W
電源ユニットの推奨出力550W500W450W
最大動作温度97℃100℃104℃
トランジスター数30億19億5000万19億5000万

GeForce GTX 560 Tiは、GeForce GTX 460 1GBより33%速くなったという。図はNVIDIAの資料より抜粋(以下同じ)。
[画像のクリックで拡大表示]

GTX 460に対するGTX 560 Tiの性能の伸び。およそ1.2~1.4倍だ。グラフが「0.8倍」(80%)から始まっている点に注意。
[画像のクリックで拡大表示]

同価格帯にあるAMD製チップ「Radeon HD 6870」との性能比較。GeForceが強いタイトルでは1.6倍以上も性能が高い。
[画像のクリックで拡大表示]

NVIDIAは、電力当たりの性能の高さもアピールしている。グラフは、Radeon HD 6870との比較。
[画像のクリックで拡大表示]

 チップの発表に合わせ、ボードメーカー各社が搭載製品を発表した。実勢価格は2万円台後半から3万円台前半だ。

MSIの「N560GTX-Ti Twin Frozr II OC」。同社独自のクーラー「ツインフローザーII」を採用している。コア動作周波数を880MHz、メモリーを4.2GHzにオーバークロックした。実勢価格は2万9800円。
[画像のクリックで拡大表示]

ZOTAC Internationalの「ZT-50303-10M(VD4136)」。コア動作周波数を850MHz、グラフィックスメモリーを4.01GHzにオーバークロックした。実勢価格は2万9000円。
[画像のクリックで拡大表示]

ZOTAC Internationalの「ZT-50301-10M(VD4137)」。コア動作周波数はレファレンス準拠。グラフィックスメモリーの動作周波数は4GHzと、レファレンスよりわずかに低い。実勢価格は2万6000円だ。
[画像のクリックで拡大表示]

Galaxy Microsystemsの「GF PGTX560TI-OC/1GD5 SHURIKEN」。大型の冷却ファンの羽を開閉できる。コアは835MHzにオーバークロックした。グラフィックスメモリーの動作周波数は4GHz。実勢価格は2万7500円。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

基板が白い「GF PGTX560TI-SPOC/1GD5 WHITE」(Galaxy Microsystems)。コアを950MHz、メモリーを4.4GHzにオーバークロックした。実勢価格は3万1500円。
[画像のクリックで拡大表示]