大日本印刷、NTTドコモ、CHIグループは共同事業会社トゥ・ディファクトを設立し、NTTドコモのスマートフォンなどに向けた電子書籍書店「2Dfacto」を2011年1月12日に開設した。既に大日本印刷が展開している電子書籍サービス「honto」をベースにしている。

 開設当初は「honto」の文芸書・コミックを中心とした電子書籍約2万点から販売を開始し、2011年初までに約10万点に拡充していく予定。今後は新刊書や雑誌・新聞、また動画などを盛り込んだリッチコンテンツの提供も目指す。

 対応端末は、NTTドコモのスマートフォンやブックリーダーなど。具体的にはXperia、GALAXY S、GALAXY Tab、LYNX 3D、REGZA Phone、Optimus chat、および2011年1月21日発売予定のブックリーダーSH-07Cの合計7機種。NTTドコモのスマートフォンの場合、ドコモマーケットからアプリをダウンロードし利用できる。今後発売するNTTドコモのスマートフォンやブックリーダーについても対応していく計画だ。

 2011年中には、大日本印刷グループのオンライン書店「bk1」やリアル書店の丸善、ジュンク堂、文教堂との連携も図る。電子書籍書店、オンライン書店、リアル書店での購入履歴などを基に読者の好みに合った商品を知らせるレコメンド機能や、共通して利用できるポイントサービス、購入した紙の書籍・電子書籍を端末で一覧できる電子書棚機能なども用意していく。

 発表会に出席したトゥ・ディファクトの小城武彦社長は「電子書籍書店だけにとどまらず、オンライン書店やリアル書店と連携している点が強み。将来的には、電子書籍の購入者に紙の本の購入割引を行ったり、紙の本の購入者に電子書籍で追加ストーリーを提供するといったサービスもアイデアとして考えている」と語った。

 今後は読者が持つ複数の端末で同一の電子書籍を読むことができる「マルチデバイス1コンテンツ」機能や、しおりなどで記録した情報を複数の端末で共有する「sync」機能も追加する予定だ。

 「2Dfacto」のベースとなった電子書籍サービス「honto」は、パソコン、iPhone、iPad向けに大日本印刷が提供しているもの。この運営についても、2011年1月12日にトゥ・ディファクトに移管される。

 新発売となるブックリーダーSH-07Cは、電子書籍書店「2Dfacto」と「TSUTAYA GALAPAGOS」に対応する。5.5型タッチパネルカラー液晶を搭載、サイズは約167×92×13.1mm、重さは約249g。3G回線と無線LANの通信機能を備え、コンテンツの入手やWeb閲覧などができる。NTTドコモ取扱店で販売する。