写真1●「Xperia arc」はソニー・グループの報道機関向け説明会のなかで発表された
[画像をクリックすると拡大表示]

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズは2011年1月5日(米国時間)、「2011 International CES」の会場で、同社のスマートフォンの最新モデル「Xperia arc」を発表した。本体色は「ミッドナイトブルー」と「ミスティ・シルバー」の2種類。日本を含む主要市場を対象に、第1四半期から発売するという。

 Xperia arcの主な特徴は、

・Android OS 2.3(開発コード名、Gingerbread)を搭載すること
・最薄部が8.7mmと薄いこと
・4.2インチのマルチタッチの液晶パネルを搭載すること
・テレビで実績がある「BRAVIA Engine」を含む表示技術「Reality Display」により視認性が優れていること
・デジタルスチルカメラで実績がある、裏面照射型構造を採用したCMOSセンサー技術「Exmor R」によりF値2.4を実現、暗部での撮影が可能なこと
・テレビなどの大画面に対して、保存コンテンツだけでなくホーム画面のHDMI出力が可能なこと

などである。

写真2●「Xperia arc」の正面
[画像をクリックすると拡大表示]
写真3●本体は弓状になっており、最薄部は8.7mm
[画像をクリックすると拡大表示]
写真4●「Xperia arc」の背面
[画像をクリックすると拡大表示]
写真5●HDMI経由でテレビなどに出力できる
[画像をクリックすると拡大表示]

ITpro