電子雑誌・書籍配信サービスを国際展開する米ジニオ(ZINIO)は2010年12月16日、日本向けのサービスを本格的に開始した。マルチプラットフォームに対応する電子書籍サービスで、まず50種類超の雑誌タイトルを販売する。

 ジニオは、PDFをベースとして、グラフィカルな表現を得意とする電子雑誌サービス。独自のDRM(著作権管理技術)を採用しており、1度購入したコンテンツを、さまざまな端末で読めるのが特徴だ。Windows、Mac、Linuxなど各種OSで動くパソコンのほか、iPad/iPhone/iPod touchなどのiOS製品に対応。今後、対応端末をAndroidなどにも拡大していく予定だ。

 7月8日に日本語サイトを開設して、3000タイトル以上の海外の電子雑誌を販売してきた同社は、10月から徐々に日本国内の電子雑誌コンテンツを追加している。このほど、発行予定も含めて52タイトルの電子雑誌コンテンツがそろったことから「グランドオープン」として本格展開を開始した。

 日本国内展開にあたっては、ソニーと提携した。ジニオが日本向けアプリケーションやサービスを開発し、ソニーが日本の出版社との交渉や国内マーケティング、プロモーションを担当する。