米マイクロソフトは2010年12月17日(米国時間)、12月14日にリリースした「Outlook 2007」用の更新プログラム(KB2412171)でいくつかのトラブルが発生していることを認めた。同社の自動更新機能「Microsoft Update」を利用しているユーザーは、12月14日から16日の間に自動的にインストールされ、影響を受けている可能性がある。

 同更新プログラムをインストールすると、Outlook 2007の動作が遅くなる。具体的には、メールフォルダーを切り替えるたびに、「読み込み中」と表示され、数秒待たされるようになる。また、「古いアイテムの整理」機能が働かなくなり、メニューや設定画面からも同項目が消えてしまう。この問題は「Exchange Server」のアカウントを利用している場合は発生せず、IMAPやPOP3、Windows Live Hotmail(Outlook Live Connector経由)のアカウントを使用している場合に発生するという。

 トラブルは、編集部内の複数のパソコンでも確認できた。インターネット上の掲示板などでも話題になっている。そもそも同更新プログラムは、「安定性とパフォーマンスの向上」を実現するはずのものだった。

 解決策として同社は、問題の更新プログラムを削除する方法を紹介している。例えばWindows Vista/7の場合は、コントロールパネルで「プログラム」→「プログラムと機能」→「インストールされた更新プログラムを表示」を選択。Office 2007に関する更新プログラムの一覧で「Update for Microsoft Office Outlook 2007(KB2412171)」を選んで「アンインストール」をクリックする。

 Outlookの製品チームは、公式ブログを通じて「このような問題をプログラムの提供前に発見できず、迷惑をかけたことをお詫びする。我々は問題を解決するために作業中で、情報が入り次第、修正プログラムの提供時期を明らかにしたい」とコメントしている。