AMDは2010年12月7日、デスクトップPC向けCPUの新モデル「Phenom II X6 1100T Black Edition」「Phenom II X2 565 Black Edition」を発表した。既存製品の動作周波数を引き上げたモデルで、Socket AM3/AM2+に取り付けられる。

 Phenom II X6 1100T Black Edition(以下BE)は、6コアのCPU。動作周波数は従来の1090T BEの3.2GHzに対し、3.3GHzと100MHz上がった。動作中のコアが少ないときに一時的に周波数を引き上げる「Turbo CORE」に対応しており、最大3.7GHzで動作する(1090Tは3.6GHz)。

 コア当たりの512KBの2次キャッシュ、全コアで共有する6MBの3次キャッシュ、デュアルチャンネルDDR2-1066/DDR3-1333対応など、動作周波数以外の性能面の仕様は従来モデルとほぼ同じ。TDP(熱設計電力、実使用上の最大消費電力)は125W。実勢価格は2万4980円だ。

 Phenom II X2 565 BEも、従来モデルである560 BEの動作周波数を100MHz引き上げ、3.4GHzにした製品。キャッシュ構成や対応メモリー、実装形式など性能にかかわる仕様は変わっていない。TDPは80W。実勢価格は1万1000円。1100Tと565は、これまでのAMD製CPUの上位製品と同じく「Black Edition」で、基準動作周波数に対する倍率を変更可能。オーバークロックしやすくなっている。

●新製品の主な仕様
製品名Phenom II X6 1100T Black EditionPhenom II X2 565 Black Edition
OPNHDE00ZFBK6DGRHDZ565WFK2DGM
コア数62
動作周波数3.3GHz3.4GHz
Turbo CORE時3.7GHz
2次キャッシュ各コア512KB各コア512KB
3次キャッシュ6MB6MB
対応メモリーDDR2-1066/DDR3-1333DDR2-1066/DDR3-1333
HyperTransport4GHz4GHz
実装形式Socket AM3Socket AM3
製造プロセス45nm45nm
ダイサイズ346mm2258mm2
トランジスター数9億400万7億5800万
TDP125W80W
実勢価格2万4980円1万1000円