アップルが2010年11月22日に公開した、「iOS 4.2」。タブレット型コンピューター「iPad」や携帯電話機「iPhone」向けの最新OSである。iPad/iPhoneユーザーは、無償で入手できる。特にiPadユーザーにとっては、待ち望んだアップグレードだろう。iPhoneに比べ、iPadはOSのバージョンが一世代古かったからだ。もちろん、iPhone向けに提供していたiOS 4.1にはなかった機能もあるだけに、iPhoneユーザーにとっても強化のポイントは気になるだろう。

 そこで、2回に分けて、iOS 4.2の見所をフォトレビューとしてお届けする。1回目となる今回は、主にiPadユーザーにとって、旧バージョンから進化したと感じる機能について見ていく。

目玉の新機能の一つが、「マルチタスキング」。あるアプリを起動中に別のアプリを使いたいシーンで重宝する機能だ。ホームボタンを押すと、従来はアプリが終了したが、処理を一時的にバックグラウンドに回せるようになる。ホームボタンを2回連続で押すと、バックグランド処理中の別のアプリのリストが現れるので、目的のアイコンを押せば元の作業に戻れる。もちろん画面は、先ほどのままだ。
[画像のクリックで拡大表示]

ホームボタンを2回連続押した画面では、楽曲再生アプリ「iPod」の操作が可能だ。音楽を聴きながら他のアプリを使っている際に、音量を上下させたり一時停止したりできる。左側のスライダーは輝度を調整するもの。なお左端のアイコンでは、iPadの角度によって画面が回転しないようにロックできる。従来iPadでは、本体右上のボタンでロックする仕組みだったが、iOS 4.2では画面上でロックするように仕様が改められた。右上ボタンは、iPhoneと同じく、消音(ミュート)機能をオン/オフする働きをする。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら