アップルは2010年11月22日、タブレット型コンピューター「iPad」向けの最新OSとなる「iOS 4.2」を公開した。100を超える新機能を追加し、例えばアプリの「マルチタスキング」への対応や、無線LAN経由で印刷する「AirPrint」、再生中の写真や動画を大画面テレビで楽しむ「AirPlay」といった機能が、新たに利用できるようになった。iPadユーザーは、コンテンツ管理ソフト「iTunes」を介してiOS 4.2を入手でき、無料でアップグレードすることが可能だ。

 iOS 4.2のポイントは2つある。一つは、ようやくiPhone/iPod touchとiPadが備える機能がほぼ同等になったこと。これまで、iPhone/iPod touchが搭載するiOSのバージョンは4.1と先行していたのに対し、iPad向けは3.2.1と古いままだった。同日、アップルは携帯電話機の「iPhone」や携帯音楽プレーヤー「iPod touch」向けのiOS 4.2も公開しており(ただし、一部旧製品は対象外)、両者で機能の隔たりがなくなった。

 もう一つは、iPadに収めてある各種コンテンツを大画面テレビに出力し楽しめるようになったこと。iOS 4.2に更新したiPadは、日本では2010年11月に新型を発売したばかりのネットワークメディアプレーヤー「Apple TV」と連携することが可能。新型Apple TV自身にはコンテンツを格納しておく機能はなく、ネットワーク経由でMacの写真や動画を呼び出し、テレビに映し出す仕組みだ。iOS 4.2により、iPadやiPhone/iPod touchに収めてある写真や動画も、Apple TV経由で大画面テレビに送信できるようになる。

 iOS 4.2によって、特に強化が図られるのはiPadだ。そこで、使い勝手が大幅に改善される点について、米アップルの担当者であるプロダクトマーケティングのスコット・ブロドリック氏に話を聞いた。

■たくさんの機能がiPadに追加されましたが、中でも目玉となる代表的な機能はどれですか。

 「AirPrint」と「AirPlay」の2つだろう。これらは、iPhoneやiPod touchに先行して提供してきたiOS 4にも未搭載だった機能で、iOS 4.2で追加した新機能だ。

 AirPrintでは、ケーブルを使わずに簡単に印刷機能を実現する。無線LANを活用したもので、同一の無線LAN環境につながったプリンターを使って、iPadから文書などを直接印刷できる。重要なのは一切の設定が不要な点だ。プリンターとアプリの両方がAirPrintに対応していると、アプリのメニューで「プリント」と選ぶだけで、プリンターを自動的に探し出し、ドライバーをインストールする必要もなくすぐに印刷を始められる。開発には米ヒューレット・パッカード(HP)の協力を得ており、HPの最新型インクジェットプリンター数機種が、AirPrintに対応している。現在のところ、そのほかのプリンターメーカーは非対応だが、ぜひ積極的に機能を採り入れてほしいと考えている。

 AirPrintの投入に合わせ、弊社のオフィスソフト「iWork」もアップデートし、AirPrintに対応させた。中でも表計算ソフト「Numbers」にはちょっと工夫があり、複数ページにわたるような巨大なシートを、1枚の用紙に収まるように縮小印刷ができる。iPadは業務用途や教育用途に使われるケースが多いだけに、書類を編集してすぐに印刷したいという要求が強かった。AirPrintはこうしたニーズに応えるものだ。

「AirPrint」により、ケーブルを使わずに、同一の無線LAN環境につながったプリンターからiPadの文書などを直接印刷できる。
[画像のクリックで拡大表示]

オフィスソフト「iWork」が、AirPrintに対応。表計算ソフト「Numbers」では、複数ページにわたるような巨大なシートを縮小印刷することもできる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら