2010年10月22日、AMDはDirectX 11に対応した新型グラフィックスチップ「Radeon HD 6870」「Radeon HD 6850」を発表した。同社のDirectX 11対応チップとしては、既に「ATI Radeon HD 5000」シリーズがある。Radeon HD 6870/HD6850は、5000シリーズの設計を基に性能や機能を強化した、DirectX 11対応の2世代目の製品だ。日経WinPCはレファレンスとASUSTeK Computer製のグラフィックスボードを入手。性能や消費電力を検証した。

 Radeon HD 6870やHD 6850の位置付けや機能はほかの記事(AMD、次期主力グラフィックスチップの「Radeon HD 6000」シリーズを発表AMDが語るRadeon HD 6800シリーズの詳細)も参照していただきたい。

 下にHD 6000シリーズと、従来のHD 5000シリーズの仕様をまとめた。HD 6870のシェーダー数は1120個、HD 6850は960個だ。HD 5870の1600個、HD 5850の1440個に比べると少ない。テクスチャーユニットの数も、同様に削減されている。HD 6870/HD 6850という名前からは、HD 5870/5850の後継のように見えるが、HD 6870搭載ボードが2万円台後半、HD 6850ボードは2万円台前半という値付けから考えても、下位の「ATI Radeon HD 5770」「同HD 5750」を強化した製品としてとらえた方がよいかもしれない。

●ATI Radeon HD 6870/6850シリーズとHD 5000シリーズの主な仕様
チップ名称687068505870585057705750
コア動作周波数900MHz775MHz850MHz725MHz850MHz700MHz
SIMDエンジン数14個12個20個18個10個9個
シェーダー数1120個960個1600個1440個800個720個
テクスチャーユニット数56個48個80個72個40個36個
ROP数32個32個32個32個16個16個
メモリー 種類GDDR5GDDR5GDDR5GDDR5GDDR5GDDR5
メモリー 容量1GB1GB1GB1GB1GB512M/1GB
メモリー 動作周波数4.2GHz4GHz4.8GHz4GHz4.8GHz4.6GHz
メモリー バス幅256ビット256ビット256ビット256ビット128ビット128ビット
ボードの消費電力(アイドル時/負荷時)19W/151W19W/127W27W/188W27W/151W18W/108W16W/86W

 HD 6870もHD 6850もGDDR5メモリーを256ビット幅で接続する。HD 6870の基板は、グラフィックスチップの周囲に、グラフィックスメモリーを8個搭載した構成だ。補助電源はHD 6870が6ピン×2、HD 6850が6ピン×1。このクラスでは標準的な構成だ。

Radeon HD 6870搭載ボードのクーラーを外したところ。
[画像のクリックで拡大表示]

Radeon HD 6870のチップ本体。
[画像のクリックで拡大表示]

情報表示ソフト「GPU-Z 0.4.6」でRadeon HD 6870のレファレンスボードの詳細を調べた。「GPU」欄にある「Barts」は、HD 6870の開発コード名だ。コアが900MHz、メモリーが1050MHzの4倍転送で4.2GHz相当になる。メモリーのバス幅や容量は正しく取得できていない。

こちらは、HD 6850をGPU-Zで調べた結果。こちらも「GPU」欄は「Barts」と表示されている。コアは775MHz、メモリーは1000MHz×4の4GHzだ。

左からATI Radeon HD 5870、HD 6870、HD 5850、HD 6850、HD 5770のレファレンスボード。HD 6870はHD 5870とHD 5850の、HD 6850はHD 5850とHD 5770の中間の長さだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら