NTTドコモは2010年10月5日、韓国サムスン電子製のスマートフォン「GALAXY S」と、タブレット型スマートフォン「GALAXY Tab」を発表した。いずれもOSは米グーグルの携帯端末用プラットフォーム「Android」。発売日はGALAXY Sが10月下旬、GALAXY Tabが11月下旬の予定だ。新規で2年契約をした場合の価格は、GALAXY Sが3万円を切る程度、GALAXY Tabは4万~4万5000円。

 「全世界の販売台数で500万台を突破した人気モデルが日本上陸した」――。NTTドコモの山田隆持社長は、GALAXY Sが既に海外で一定の評価を得ているグローバル端末であることを強調。「鮮明な画面でスマートフォンの新時代にふさわしいモデル」と、人気のiPhoneなど競合製品に対抗できる性能に自信をのぞかせた。

 GALAXY Sの液晶ディスプレイは4型で解像度は480×800ドット。高視野角、高コントラストの有機ELディスプレイを採用した。マルチタッチに対応しており、2本の指を使って拡大/縮小の操作ができる。重量は118g。本体サイズは幅64×高さ122×厚さ9.9~12mm。カメラは500万画素。

 タブレット型のGALAXY Tabは「片手で簡単に操作でき、外出先でも楽しめる。新しい世界を体感できるジャストフィットタブレット」(山田社長)と紹介。本体がB5サイズ程度で、スーツの内ポケットにも入る収まる様子を見せた。

 ディスプレイは7型のTFT液晶。解像度は600×1024ドット。カメラは2つ搭載しており、外側が320万画素、内側が130万画素。バッテリー駆動時間は動画を再生した状態で約7時間。連続通話時間は約14時間という。本体サイズは幅121×高さ191×厚さ12.1mm。重量は382g。

 いずれの機種も、OSはAndroidの最新バージョン2.2を採用。アプリケーションの販売サービスは、NTTドコモが独自に運営する「ドコモマーケット」のほか、「Androidマーケット」、「SAMSUNG Apps」が利用できる。月額315円でNTTドコモのメールアドレスが使えるspモードのほか、NTTドコモが10月末から開始する電子書籍の試験サービスにも対応する。韓国サムスン電子無線事業部長の申宗均社長は「ドコモマーケット、電子書籍など洗練されたサービスを提供するように準備してきた」と、NTTドコモとの連携を進めて日本のユーザーを取り込んでいく考えを示した。

 NTTドコモは今後の冬商戦で合計7機種のスマートフォンおよびタブレット端末を投入するとしている。残りの5機種について山田社長は、「今後の冬商戦向けモデルの発表には、おサイフケータイ、ワンセグを搭載する機種もそろえたい。さまざまなユーザーのニーズに対応できるラインナップを用意する」と語った。