KDDIは2010年9月10日、12月1日付けで小野寺正社長兼会長が会長に退き、田中孝司執行役員専務が社長に就任すると発表した。2001年の社長就任から、長きにわたり経営のかじ取りを続けてきた小野寺氏は、田中氏のサポート役に徹することになる。ここ数年は、携帯電話でスマートフォンの投入に出遅れるといった課題が生じていたが、これらを克服し、「変化に対応できるKDDIを作る」(田中氏)と決意を述べた。

 小野寺氏は、この時期に社長交代の理由を、「KDDIの発足10周年を迎えるに当たり、次期社長が経営方針を決定し、実行するのがふさわしい」と説明する。田中氏の選任に当たっては、UQコミュニケーションズの社長としてWiMAX事業を立ち上げたこと、企業向けのソリューション事業部門を統括して法人向けに携帯電話導入を推進した実績を評価した。「(田中氏は)オープン系のシステムを手掛けてきた。私のようなトラディショナルな通信技術者ではなく、IT技術者の能力を持っている。そのノウハウは今後の事業に生きてくる」(小野寺氏)と社長交代による変化に期待をかける。

 現状のKDDIの課題について、小野寺氏は「スマートフォンの着手が遅れた。モバイル、固定、CATVと複数の通信網を持っているという優位性が活用しきれていない」と説明。これら課題について田中氏は、「これまで通信事業者間で競争をしてきたが、昨今は新しいプレーヤーが参入し、競争の形が大きく変化する」と分析。「多種のデバイスが、大量のトラフィックを消費する時代がやってくる。そうした時代に向け、KDDIが持つ通信網のリソースを組み合わせ、成長を進めていきたい。」(田中氏)と方針を示した。経営ビジョンの詳細は12月に発表する。

 田中氏は、2007年にワイヤレスブロードバンド企画株式会社(現UQコミュニケーションズ株式会社)を立ち上げ、社長に就任。KDDIのソリューション事業部門担当を兼務しながら、2009年にはデータ通信サービスUQ WiMAXを開始した。2010年6月にはUQコミュニケーションズの社長を退任している。