インターネットでラジオ番組をサイマル配信するIPサイマルラジオ協議会は7月27日、Android端末向けのradiko公式アプリ「radiko.jp」を「Android Market」及び「andronavi」に公開した。

 このアプリでは、在京7局(TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオNIKKEI、InterFM、TOKYO FM、J-WAVE)や、在阪6局(朝日放送、毎日放送、ラジオ大阪、FM COCOLO、FM802、FM OSAKA)を、それぞれ3GまたはWi-Fi回線に接続可能な場所で聴くことができる(一部機種を除く)。在京7局を聴取可能な地域は東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県、在阪6局を聴取可能な地域は大阪、京都、兵庫、奈良の2府2県。

 iPhone向けアプリ同様、番組表や番組情報に加え、FM局では放送されている楽曲情報などのトピックスを表示し、お気に入りの楽曲をメモしておくことも可能。また他のアプリを使いながらバックグラウンド再生をすることもできる(一部アプリを除く)。

 IPサイマルラジオ協議会は、ラジオのリスナーを増やすため、さまざまな聴取環境を整えていく方針。7月末現在、Webブラウザーを起動しなくても簡単に放送を聴取できる「radikoガジェット」(4月10日リリース)は約90万ダウンロード、iPhone向けアプリ(5月10日リリース)は60万ダウンロード(iPod touch、iPad含む)を超え、順調に利用数を伸ばしているという。